須藤農園

青森県五所川原市(りんご侍通販は、ポイント3%付与)
評価:
通販としての経験値、商品の品質、信頼度をりんご侍独自の総合評価を★の数で表現しています。
https://ringo-samurai.com/suto-farm/

須藤農園のメンバー

  • 須藤 大

    41歳 就農17年目 Facebook
    就農14年目。以前は、調理の仕事に5年間就いていました。食へのこだわりは人一倍あります。りんご作りにも、その経験が活かせてる…といいな、と思います。 帰省後、家業のりんご農家に。 しかし、 就農3年後。父親が亡くなり、本格的に始めることに。 何もわからなかった私が助けられたのは、仲間です。親身になって相談に乗ってくれる彼らに支えられて、何とか乗り越えてきました。今でも頼れる仲間です。 [りんご作りは人作り] とよく言われるのですが、私が周りに助けられたように、先輩や後輩の架け橋になれたらと常日頃思っています。 『目指せ!カジュアル農家』 一般的には、農業は、3K(キツイ、キタナイ、キケン)などと、悪いイメージがありますが、意識改革を心がけています。 園地の省力化、整備、仕事終わりにまっすぐ街に出ていけるような格好(笑)など。 日々勉強中ではありますが、 お客様の事を第一に考え、安心安全なりんご作りをしていきたいと思います。
  • 須藤 泉

    38歳 就農9年目
    園主の妻です。良きパートナーです。 就農6年目(間に出産などあったので、実質3年くらい)のまだまだ新人さん。日々、子育てと共に奮闘中。農家の仕事が全くわからなかったのですが、やってみたところ農家の仕事が「面白い」そうです。 好きなアーティストは、安室奈美恵ちゃん。趣味は本人曰く、「下手の横好き」の雑貨作り。
  • 須藤 まつゑ

    68歳 就農45年目
    まだまだ現役バリバリ!うちの母親です。 実家もりんご農家。さらに嫁いでから42年の、大ベテランです。つねに、目を光らす。現場監督的存在。細かい面をカバーしてくれる。まだまだ若い人には、負けないが口癖。

私たちの作っているものは、

家族で心と力を合わせてつくっています。
蜜た〜〜っぷり入りました。ふじです。
手にしていただいた方々に、[おいしい!]を体感して欲しい!…そんな気持で、りんごを作っています。
●エコファーマーを認定して、科学肥料を使わない有機栽培。
●年に一度土壌検定を行い、有機物のミネラル分を補給。特に、土作りは力をいれてます。
嫁は、結婚前に初めて畑に足を踏み入れた時、「土がフカフカでビックリした」と言ってました。
実は「♪手のひらを太陽に」に出てくる、オケラも土の中にいるんですよ。ミミズも大きいんです。
●生協レベルの低農薬も実施。

私たちが作っている理由は、

子供たちのためにも美味しいりんご作っています。
お手伝いしてくれます。
私はまず、自分で生産したりんごを、家族が喜んで食べてくれることを第一に考えています。
嫁は初めてうちのりんごを食べた時、「みずみずしくて、おいしい!これからはお店で買う気にならないな~」と笑っていました。
また、収穫時期、子どもたちが畑に遊びにきて「りんご、食べたい!」と言った時、樹から収穫したばかりのりんごは、笑顔で安心して食べられるものでないと!

この思いは、りんごを買ってくださる皆さんに対しても通ずること!
安心して食べられ、「おいしい!」と感じていただけたら、生産者として、これ以上の喜びはありません。

お客様の皆さんに、安全で、美味しいりんごを和気あいあいと、楽しんでたべて、貰いたいです。
[1日一個の、りんごは、医者いらず]
とは、よく言いますが、皆様の健康を第一に出来たらな!と思っています。子どもさんが、いる人は、是非ご一緒に皮から!皮と、皮の間に特に、りんごペクチンなどの栄養分も豊富なので!

私たちのこだわりは、

フォークリフトの運転は馴れたものです。
りんご専用のカゴにいれて、どんどん収穫します。
遠くに八甲田山系、近くの梵珠山から日が昇り、稲穂が揺れる田の向こうに日が沈む。南に岩木山を望み、北からは地吹雪が吹き付ける…。

りんご畑、一年の風景は『万華鏡』。
冬。豪雪や時折マイナス10℃まで冷え込む、真っ白な大地。
春。桜から1週間遅れて、白~薄紅色が咲き乱れる、りんごのお花見。
夏。真っ青な空に、畑一面緑の葉が陽光を浴びている。
そして、秋。嫁が一番好きな畑の光景。それは底冷えした日の朝、黄色く落葉した地面がある。そして、霜を纏ったりんごが、太陽に照らし出され、キラキラ輝く…。何にも包まれていないけど、まさにそこは宝石箱のようなのです。

鮮やかな四季が生み出す寒暖の差、ミネラルウォーター[梵珠百水]の流れをくむ肥沃な土壌…。そんなところでりんごを作っています。

私たちの願い(想い)は、

りんごと会話中!
妻です。いつもサポートしてもらっています。
いつでも!どこでも!だれにでも!
理想は、旬の時期に丸かじりっ!!
皮ごとかじることを、さらにお薦めします。
りんごは昔から「1日1個で医者いらず」と言われますが、体に効く成分がたくさん入っています。例えば…。

「りんごは胃腸に優しい」と聞いたことはありませんか?りんごには高い整腸作用があり、下痢や便秘、また胃酸の増加や中和に効果があります。
赤ちゃんにも同じことで、離乳食の本や育児書の「お腹の調子が悪い時」のレシピに、りんごや100%りんごジュースが取り上げられていますよ。

そして、特に女性に知ってほしいことが!
りんごのビタミンCなどは鉄分の吸収を高めてくれるし、リンゴ酸などの有機酸が、貧血の予防に効果があるんです。
また、ポリフェノール成分には肌を白くしたり、美肌にする作用があるらしいんです。(化粧品のピーリング剤や、歯磨き粉に「フルーツ酵素」や「リンゴ酸」って言葉、見かけませんか?)
アレルギー症状(花粉症やアトピー性皮膚炎など)を抑える作用もあるんですよ。[ただし、りんごアレルギーの方はお気をつけを!]

「りんごを食べると、歯茎から血が出ませんか?」…昔、CMで使われたフレーズを覚えてますか?りんごが硬いからじゃないですよ(笑)。
丸かじりは、弱った歯肉を丈夫にし、噛むことで、唾液分泌の向上、虫歯や歯肉炎などの予防も期待できるんです。

他にもまだまだ!
・余分なコレステロールの排出(心臓病、脳卒中の予防)
・血液中のコレステロールの低下、血糖上昇の抑制(糖尿病の予防)
・カリウムやペクチンがナトリウム(塩分)を体外に排出(高血圧予防)
・食事前にりんごを食べることにより満腹感を得て、食べ過ぎ予防
…などなど。

そして何よりも!やさしい、みずみずしい果汁が、渇いたノドや体を潤します。

もちろん、みなさんのアレンジでお菓子やお料理にもどうぞ!サラダ、ドレッシング、カレーやスイーツ…。
嫁は、生姜焼きに使ったりしてます。甘さや旨味を利用して、砂糖やみりんの代わりに。焼く前に、肉とタレと一緒にすりおろしリンゴを入れて漬け込むと、酵素の力でやわらかくなるんですよ。
商品はこちらからご覧になれます。